家族 会社 任意整理バレる

任意整理をしていることはバレない?

 

任意整理はバレない

家族や会社などに任意整理がバレてしまうと困る」と心配されている方もいらっしゃるようですが、その心配はご無用です。

 

任意整理を依頼する、弁護士も司法書士も「秘密保持義務」が課せられています。

 

そのため、あなたが任意整理の相談を行ったことも、さらには任意整理を行ったことも、その義務により守られるため、ここからバレてしまうと言ことはありません。

 

あなたがしっかりと口を閉ざしていれば、他人はもちろん家族にすら漏れてしまうことはありません。

 

そのため、相談する場合には、弁護士や司法書士が行っていることをしっかりと確認してから申し込みするようにしてください。

 

弁護士・司法書士の秘密保持の義務

 

弁護士・司法書士の秘密保持の義務は、いずれもきちんと法律で取り決めされています。

 

例えば弁護士の場合には、弁護士法第23条に「秘密保持の義務」が記されています。

「弁護士又は弁護士であった者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。但し、法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」

 

=弁護士法第23条(秘密保持の権利及び義務)より=

 

一方、司法書士の場合は司法書士法第24条に「秘密保持の義務」について以下のように記されています。

「司法書士又は司法書士であった者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。」

 

=司法書士法第24条(秘密保持の義務)より=

 

秘密保持は、いずれの職において基本中の基本なので、あなたが任意整理をしたことが、ここから漏れる心配はありません。

 

戸籍などにも残りません

 

戸籍など、役所関係の資料に残ってしまうことも気になるところですが、もちろん任意整理のことがこのようなものに記載されることはありません。

 

但し、自己破産や個人再生(民事再生)といった債務整理については、国の機関紙である官報には債務整理を行ったという事実が記載されてしまいます。

 

任意整理は、裁判所も通さず行われる任意の債務整理なので、この官報に記載されることもありませんので心配は無用です。

 

会社や学校にもバレません

 

勤め先の会社や、子供の通っている学校にも、もちろん債務整理を行ったという連絡が入ることはありません。

 

よく、会社にバレて首になってしまうのではないか?とか、降格になってしまうのではないかと心配されている方がいらっしゃいますが、任意整理をしたことが会社に連絡されることはありません。

 

もちろん、同様に、お子さんの通われている学校に連絡が入るということもありませんので、安心してください。

 

任意整理はバレない

 

ブラックリストからバレる?

 

債務整理を行うとブラックリストに載るということがよく言われています。この「ブラックリストに載る」とは、貸金業者が与信のために行う審査で使われる金融機関の個人信用情報に登録されるということです。

 

この情報は、任意整理をはじめ、債務整理を行なったり、借り入れの返済状態など、「クレヒス」(クレジットヒストリー)を確認するための資料として使われるものなので、あなたが、そのような審査を受けることがなければ、おとなしく眠っている情報です。

 

任意整理の秘密は守らます!

 

以上のように、任意整理の秘密は、あなたが気を付けていれば他に漏れてしまうことはありません。

 

任意整理を行っている人の中には、家族にすら内緒で任意整理で借金を整理している人は珍しくありません。それほど秘密裡に行えるのですから、あまり過剰な心配をせず、借金を解決することに重きを置いて行動してください。

 

何しろ、借金はあっという間に大きく膨れ上がります。一日も早い行動を心がけてください。

 

↓女性スタッフ対応!誰にも知られず借金解決↓
債務Lady

 

関連ページ

任意整理費用が払えない
今お金がなくて、任意整理の費用が払えないとあきらめないでください。現在手持ちのお金がなくても任意整理を委任することはできます。そしてその費用の支払い方も無理のない方法が・・・。