女性の任意整理

債務整理の和解までの期間

 

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの方法があります。

 

それぞれ手続きの方法は異なりますが、まず最初に行うことはどの方法でも同じです。

 

弁護士や司法書士と契約をして債務整理を実行する場合は、まず最初に受任通知を債権者宛に送付してもらいます。受任通知とは、債務者が弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼したことを債権者に対して知らせる書面です。

 

この受任通知を送付することによって、債権者からの取立や返済をストップすることが出来ます。借金の返済が困難になっていた為に債務整理を実行しますので、その返済が一時的に中断出来ることは債務者にとっては非常に大きなメリットです。

 

債務整理の解決するまでの期間は選択する方法によって異なり、任意整理が最も短くて3ヶ月から半年ほどです。

 

個人再生は再生計画案の作成・認可などが必要ですので9ヶ月から1年ほどかかります。自己破産は個人再生よりも短くて、半年から6ヶ月ほどの期間を要します。
※個人再生は、基本的に本人に収入のない専業主婦は行えません。

 

 

 

関連ページ

債務整理の返済期間
債務整理の返済期間は、借金の額や返済能力の度合いなどで解決方法が異なるので一概には言えません。任意整理の場合なら、通常は3年、長くても5年です。