任意整理とは

任意整理とは

 

任意整理の特徴とその借金解決方法について

 

任意整理とは

 

任意整理とは、借金の返済が困難になってしまった方の救済措置である債務整理の中のひとつの方法です。

 

債務整理には以下のように、任意整理を含め、自己破産・個人再生・特定調停と、全部で4つの借金解決方法があります。

 

そのなかでも任意整理は簡易的におこなえる債務整理のため、借金に苦しむ多くの女性の方も行っている債務整理です。

 

任意整理とは?|そもそも借金解決のための任意整理とは

 

そんな任意整理とは、どのような特徴を持ち、どのような人が適している債務整理なのでしょう?

 

任意整理の進め方も含めて、ご紹介してみます。

 

任意整理の特徴と人気の訳

 

任意整理後の借金返済

 

任意整理とは、このホームページのトップページでもご紹介している通り、現在の借入金にかかっている利息を免除してもらい、借入元金のみを返済していく債務整理です。

 

そのため、借金の元金の減額は見込めません。

 

一括返済も可能ですが、ほとんどの場合利息を免除してもらった借金の元金だけを、3年から5年かけて分割で返済していくという方法が取られています。

 

自己破産ならば、借金の元金自体がなくなって、借金が0円になることも、個人再生のように、借金の元金が1/5まで減額されるものでもありません。

 

しかし、多くの方がこの任意整理をしているのは、債務整理の手続きが、他の債務整理より非常に簡潔であることが挙げられます。

 

多くの方が任意整理する訳

 

他の債務整理と比べて、返済額が大いのに多くの人が任意整理をおこなっているのには、いくつか理由があります。

 

簡易的に行える

 

自己破産や個人再生、また特定調停のいずれも、債務整理をおこなう時に裁判所の介入があります。しかし、任意整理はその名の通り、債務者(あなた)と債権者(サラ金など、あなたが借り入れしている業者)が任意の交渉のため、裁判所の介入はありません。

 

また、債務者と債権者の直接交渉といっても、実際はあなたが委任した弁護士や司法書士があなたの代理人になって、すべて債権者との交渉をおこなってくれます。

 

そのためあなたは、代理人との委任の手続きをとるだけで、後はすべて代理人が手続きから交渉までおこなってくれます。

 

裁判所が介入すると、その手続きだけでも手間がかかるだけではなく、裁判所にも出頭しなければなりません。

 

任意整理では、代理人との契約を交わす程度で、大きな手間がかかることはありません。

 

官報に掲載されない

 

自己破産や個人再生の場合、その債務整理をおこなったことが官報に掲載されてしまいます。官報は、一般の人が目にすることはまずありませんが、個人名がはっきり掲載されてしまうので、100%安心とは言い切れません。

 

一方、任意整理をおこなっても官報に掲載されてしまうことはありません。

 

家族にも内緒にできる

 

任意整理は上記のことがないのと、任意整理をおこなうにあたって必要な書類が、家族に内緒で揃えられるなどといったことから、多くの人がご主人にも内緒で任意整理している方が少なくありません。

 

もちろん、弁護士や司法書士は守秘義務がありますので、そこから秘密が漏れてしまうことはありません。ただ、代理人との契約を取り交わす郵便物に注意していれば、誰にも知られず任意整理をすることも可能です。

 

所有している財産は失わない

 

自己破産や個人再生の場合には、高額な財産は手放さなければなりませんが、任意整理の場合には、家や土地、高額な車などの財産を一切失わずに借金解決ができます。

 

任意整理に適している人

 

借入残高

 

まずは、あなたの借入残高は大きな目安となります。

 

借入残高が大きい場合には、任意整理のように、利息の免除をしてもらっただけでは、その後の返済が頓挫してしまうことが考えられます。そのような場合には、大きな減額が見込める個人再生や、借金全てを免除してもらう自己破産といった方法も視野に入れて検討されます。

 

債務整理確定後の返済能力

 

借入残高の問題が解決したら、次にはあなたの生活状況や収入について検討されます。

 

なぜなら、自己破産のように、返済義務がすべて免除になるもの以外では、債務整理確定後も返済義務が残るからです。

 

そのため、返済能力がないまたは極めて低い場合には任意整理には適していないと判断されてしまうこともあります。

 

あなたは任意整理に適している?

 

あなたが、任意整理に適しているかどうか、現在の借入残高と、今後の返済能力を合わせて、シミュレートしてみましょう。

 

例えば、あなたの借金残高が150万だとしたら、任意整理後の毎月の返済金額は以下のようになります。

 

任意整理の場合には利息が免除されるので、任意整理後の借入残高150万を3年から5年かけて返済していくことになります。

 

従って、計算式は以下のようになります。

 

毎月の返済額の計算式

 

@3年の分割の場合

 

150万円÷36か月=約41,666円

 

ということで1か月に約41,666円返済が可能なら、3年後には晴れて借金から解放されます。

 

Aまた、5年返済なら?

 

150万円÷60か月=約22,727円

 

と言ことで、毎月約22,727円の返済で3年後借金は解決します。

 

 

 

同様に、あなたの現在の借入残高を@Aの計算式に入れて、計算してみてください。

 

その毎月の返済額が支払い可能であれば、任意整理であなたの借金は解決に至ります。

 

おすすめの女性専用任意整理相談

 

 債務整理の費用がないとお困りの方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

任意整理の費用

 

任意整理の返済シミュレーションはいかがでしたか?

 

でも、いくらシミュレーションで返済が可能であったとしても、弁護士や司法書士に支払う費用が心配です。

 

任意整理をするには、いったどの程度の費用が必要なのでしょう?

 

現在、女性専用の債務相談を開催している大手の相談窓口で、相談後にそのまま任意整理の依頼をした場合の費用を見てみましょう。

 

 

 

 

女性専用の任意整理窓口

 

 

アヴァンスレディース

 

【全国対応】

 

女性スタッフが対応!任意整理をお考えで、借り入れ件数が多い方にお勧めです。

 

債務相談無料

 

相談後、債務整理を依頼する場合の費用(任意整理)

 

  • 初期費用:無料
  • 着手金:39,800円
  • 基本報酬:1社あたり10,200円
  • 減額報酬:なし
  • 過払い報酬:過払い額の20%(12万円以下は0%)

 

※報酬のお支払いは分割払い可能

 

↓詳細・お申込みは公式サイトで!↓

債務Lady

 

【全国対応】

 

スタッフも女性のみなので安心してご相談いただけます。

 

債務相談無料

 

相談後、債務整理を依頼する場合の費用(任意整理)

 

  • 初期費用:無料
  • 着手金:なし
  • 基本報酬:1社あたり20,000円
  • 減額報酬:10%(最低 20,000円)
  • 過払い報酬:過払い額の20%

 

※報酬のお支払いは分割払い可能

 

↓詳細・お申込みは公式サイトで!↓
債務Lady

 

 

でも今は手持ちのお金が1円もない・・

 

大丈夫です、ほとんどの方があなたと同じ状況で任意整理を依頼しています。

 

今、お手持ちのお金がなくても、すぐに任意整理の手続きを開始してくれます。その方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

関連記事

関連ページ

任意整理のメリット、デメリット
任意整理のメリット、デメリットとは?借金解決のために行う任意整理には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょう。
主婦の任意整理
女性が任意整理をの手続きをする際の注意点、ちょっと頭に入れておきたい任意整理の情報をまとめてみました。任意整理を行う女性の参考になれば幸いです。
過払い金の有無でこれだけ違う任意整理
任意整理を考えるとき、どうしても気になるのが過払い金です。過払い金の有無で返済もかなり違いがあります。もし貴女に払いすぎていた利息があればそれを取り戻すことが可能です。